日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(23)
元気系(53)
いやし系(77)
恋愛系(441)
バカップル系(39)
ペット系(20)
グルメ系(11)
レシピ系(7)
ダイエット系(1)
自慢系(1)
グチ系(118)
オシゴト系(530)
観察系(17)
旅行系(7)
映画系(33)
ゲーム系(26)
ちとエエ話系(2)
今日の一句系(1)
ポエマー系(2)
小説系(1)
秘密系(30)
社会派系(18)
不幸系(25)
闘病系(139)
オトナ系(21)
病気。
事故(災難1...
母親(災難2...
ドラマ(災...
吐き出し...
近況。
指と人生
年始のご...
年末のご...
Last Job 2018
プチ同窓...
プチ同窓...
会話。
体調不良
既視感
シゴト。
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 徒然なるままにきまま日記.闘病系日記
香月
香月とりあえず系元気系いやし系恋愛系バカップル系ペット系グルメ系
レシピ系ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系旅行系
映画系ゲーム系ちとエエ話系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系
社会派系不幸系闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆44才 1974(昭和49)年11月生 O型 千葉在住 アルバイト/フリーター 専門学校卒 年収 300万円以上 土日祝日休み 一人暮らし 独身 長女 ◆離婚経験無し ◆子供無し 車有り お酒は飲めない 喫煙しない 159cm /普通体型 / 黒髪 茶目 白肌 ◆好きな野球チーム: なし ギャンブルしない
◆趣味・興味: 映画/ビデオ, 書籍/雑誌, ゲーム(ソフト,ハード), コンピュータ, インターネット, モバイル
作家QRコード
作家QR
 コード 
徒然なる日々は、 成長を生む?平穏無事がテーマでも、 なかなかこなすことの出来ない毎日を綴っていたりします(T_T)
 
2019年2月
     1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
事故(災難1)。
母親(災難2)。
ドラマ(災難3)。
吐き出し。
13
14
15
病気。
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  

→このジャンルの最初の日記
→全部で1643日記/闘病系日記が139日記

 次を見る>
病気。
知らぬ間に、見合い候補に入っていたようだΣ(-_-;)?!

---

入院してる母親からのメール。
・高額医療の申請書をもらって来て
・薬
・水のペットボトル
が、要望らしい。
三回目にして『お願いします』は無くなった。

しかも、14日って。
午後から出勤ですけど?!
↑何か違う

13日の水曜日に行く、って言ってあったのに。
相変わらず、人の話を聞いてない┐(;´-`)┌

で。
13日、16時上がり。
申請書があるらしい、職場から近くの役所は、実家近く。
役所だから、17時には終了。
ここから車で、13km。
普通に行けば間に合うけど、この時間は渋滞してる。

仕方ないので、高速使って120km/hで飛ばし。
近くのICからはやや遠いから、そこから裏道使って抜けて。
5分前に到着。

で、気になる事が。
ICを抜けて向かう途中、何かの予感がして。
信号待ちの間、ネットで調べてみた。

[高額医療申請書]

信号待ちだから、ナナメ読みだけど。
何となく。

病院→市役所→対象者(母親)

に、自動で送られて来るような事が書いてあるような。
でも、行かなきゃ行かないで、面倒な問答になるから。
とりあえず、行って。
役所のオジサンに聞いたら。

『ここじゃ渡さないですよ』

ナナメ読み、そのままだった。
自動で送られて来るもので、取りに行くモンじゃなかった。

---

その足で病院へ行き、母親に告げると。
母『だって受付の事務の人が言ってた。早めに申請した方がいいですよ、って。』
香「それは、届いてから“早めに書いて出して下さいね”って意味だったんじゃないの?」
母『違う。窓口に取りに行って、って言われた。』
香「病院の窓口じゃないの?」
母『………役所の。』
↑アヤシイ

香「とにかく、役所では配ってないんだから、申請書は無いからね。」
で、終わらせようとしたのに。
母『でも、事務の人が―――』
と、ジブン正しいが終わらない。

香「じゃあ、今から事務の人に聞いて来ようか?!(-"-)」
母『聞いて来てよ!』
と、強気な母親

香「いや、だから。役所の人が無いって言う以上、無いの。届かない限り、書けもしないし提出も出来ない訳。わかる?」
母『だから、聞いて来てって。』
香「………」
駄目だ。自分を正当化する事しか頭に無い。

同『違うわよ、母親さん。』
そこへ、同室の母親と同年代くらいの方が入って来た。

同『娘さんが正しいわよ。』
冷静に、子供に言い聞かすように落ち着いて悟らせようとする同室のヒト。

母『でも、受付の人が』
同『わたしも同じ事を言われて、同じ事するの。事務の人は娘さんと同じ事を言ってたわよ。』
母『(私に)じゃあ、聞いて来てよ。』
同『そこまで主張するなら、自分で行って自分が聞いて来るのが一番。そこにいるから、貴女が聞いて来ればいいのよ。』

母親は、特別製のコルセットを午前中に作っていて。
同じ階なら、普通に歩けるほどになっていた。

同『(私に母親は)我が強い?』
香「滅茶苦茶、強いです。」
同『ああ、やっぱり。』
香「!」
この人、何か私と同じニオイがする。

香「母親の姉妹も気が強いです。」
母『ちょっと!』
同『そうなのねぇ。』
と、呆れ顔。
同じような人が身近にいるんだろうか。

で、ここで私は母親への逆襲を果たし。
仕事終わりで高速と役所の時間制限で、気を張っていたのだが。
一気に疲れが来て、座り込む。

同『人に頼むにしても、言い方と態度があるでしょうに。』
私に、同情してくれたようだ。

母『(渋い顔)ああ、もう、いいですから。申請書はわかったので、(自分の)ベッドに戻って下さい。』
同『………』
が、戻らない。

同『貴女、いくつ?』
香「え?44歳ですけど。」
同『えっ!?24歳かと思ってたわ。』
↑前回、顔合わせだけはしている

香「若く見られるけど、実は結構、イッてるんですよー」
同『あら、そう………』
香「?」
同『24歳にしては、やけにしっかりしてると思ったの。』
香「あはは………」
同『農家で次男がいてね、その人とどうかと思って。』
香「は?」
同『昔、俳優をやってたから顔はいいわよ。どうかしら。』
香「えっと?」
同『会って見る気はない?』
香「え―――っと、一緒に暮らしてる人がいるんで(^_^;)」
同『あら、そう。残念だわ。』
と、何回か押されたけど。
断り続けた。

顔がイイだけなら。
それで惚れるなら、某俳優そっくりな所長♂に、とっくに惚れてる訳で。
それより何より、仮に付き合って結婚したとしても。

母親、コレですよ?
親戚付き合い、したいの?

って聞きたい。

それより何より。
会って二回目で、見知らぬ人に見合いを持ちかけられるとは思わなかった(-_-;)

---

そのひとが去った後。
母親が、コソコソっと。
母『気難しい人だから、話したくないのよ。』

いや、気難しいのは、どっちだ。
己の負けず嫌いの為に、他人まで巻き込んで。
それでも事実を認めない、って。
どんだけなんだよ。

ちなみに。
以前からでも今回でも。
私の方が正しかったとしても。

謝る事はないし。
母『そうだったかしら』
と言われるか、のどっちか。

口先だけで生きてるなら。
下手な主張なんかせず。
言い分を聞いてればいいのに。

ああ、疲れる。

***

私と対面した事のある人は。
私を、主義主張を強く言わず。
話を黙って聞いてくれる。
おとなしい人、だと思いがち。

だから。
気が弱い、と勘違いされて。
いいように私を洗脳して、動かしたい人もいる。

えっと、ね。
私が主義を言わない人って。
"言う価値も無い"人判断だから。

話して、意見を受け入れない人は。
この先、何を言っても無理だろうし。
数回、話しただけで、
『この人はこう』
って決め付けられる人と。
仲良くしようとは、思わない。

話すだけでも疲れるから。

***

また、行くのかぁ。
メンドクサイなぁ。
 
write: 千葉闘病系日記■■2019.2.15■■
つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
えいご日記  Amazon.co.jp特別企画商品
えいご日記 Amazon.co.jp特別企画商品 (PC ソフトウェア)



母親(災難2)。
実家に帰り、目に入ったのは。
床に寝転ぶ母親
こたつとソファの間に挟まる形で。

とりあえず、元気そうだ。
血流も良いらしく、顔色も普通。

で、状況を聞くが。
要領を得ない。

母『朝、あそこ(どこか不明)の引掛けを取ろうとしてドーンって滑って転んだ。』
香「腰を打っただけ?」
母『ツルッて転んでドーン。』
香「………どこから?」
母『足がこうなって(こたつ布団で見えない)ツルッて』

人の話を聞け(-"-;)

10回くらい繰り返して、わかったのは。

我が家、母親手作りの壁装飾品があり。
それを整理しようと、ミニ脚立(二段)に登ったところ。
毛糸の靴下を履いてたが為に、足が滑り。
尻から落ちた衝撃で、第一腰椎骨折となったようだ。

しかも。
“圧迫骨折”と聞いてたのに。
カルテには“破裂骨折”。

香「―――先生は、何て?」
何か、イヤな予感がする。

母『自宅療養でも入院でもいい、って言われたから自宅にした。』
香「………」
多分、動けなくなる。
でも、私の言い分は全く聞かない我が母親

香「今、どんな感じ?」
母『反れないし寝返り打つのも大変で、トイレに行くのも大変。』
香「………入院レベルじゃないの?」
母『一晩、様子を見てから。』
そーゆーレベルじゃない気がするけど。

身にしみないとわからないんで、朝まで様子を見る事にした。

---

で、翌朝。
予想通り、母親は動けずにいた。
母『病院に行く。コルセット作るのに、予約してあるから。』
母『入院したい。』

外は、天気予報通り。
雪、ですけど。

香「とりあえず病院に連絡して、入院出来るのか聞いてみて。」
母『昨日は“空いてる”って言ってたわよ。』
香「そういう問題じゃなくて…」
病院側にも準備があるだろーが。

母親が電話している間に入院準備(着替えとか)を済ませて。
母『昨日の先生がいて診察してくれる』
と言うので。
スノータイヤすら履いてない我が車。
先日、事故られたばかりなんで、何事も無い事を祈りながら。

病院到着。
母親は、既に座っていられない。
病院のソファに横になって待機。
それを横目に看護士が通り過ぎてく。

ストレッチャー、用意出来ないんかな。
↑言おうとしたら母親が否定するんでやめたけど

雪で来院者が少なく。
珍しく、診察はすぐに出来た(通常3時間待ちが30分)。

ちなみに。
この病院は、私が以前に骨折した時にお世話になったところ。
診察は、30秒だった。

先生が違うから、丁寧なのかと思ったら。
今回の先生も、イライラ時短で。
長く話そうとする母親(それもどうかと思うが)を、ハイハイで受け流す。

母親の横でMRI写真を見る私。
レントゲンならわかるが、いまいちよくわからない。

私がそんな顔をしてたのか、先生が一言。
先『結構、深刻ですよ。』
香「え」
すると、先生の態度が少し軟化した。

先『神経、触ってますから。』
香「………」

そっか。
先生が素っ気なかったのは。
母親がうるさくて先走って一気に言いまくってウンザリしたから、か。

気持ちは、わかるんだけど。
深刻なら。

入院、させて?

と思った。
でなきゃ、雪の中で二度手間にならなかったと思うんだけど。

でも“自宅療養”は母親が言い出した事かもしれないし。
母親は、話を聞かないから。
今回の件も、軽く考えてたんだろう。

先生にお礼を言い、退室。
そのまま入院手続きに入り。
病室決まってから、帰ろうと思ったら。
母『帰れ。』
と言われた。

雪が降ってて、近くに車ショップがあるから。
入院手続きの間、チェーンを買って来る話をしたら。
母『とにかく帰れ』
と、腕を引っ張られる。

む〜………
チェーンを買うな、って事なんだろうけど。
もう少し、言い方無いもんかな。

母親よりオトナな私。
素直に、実家へ帰宅。

直後、母親からのメール。
母『明日、来るならアレとコレとソレを持って来て下さい。無理はしなくていいです。』
香「……」

母親からのメールって。
思ってる事が先に来る。

つまり、来いって事だろーに。

なので。
先日、あまり説明出来なかったみー♂へ電話して(事故についても話して)。
実家に泊まる事に。

---

翌日。
さて、私は“宝探し屋<トレジャーハンター>”にならなきゃならない。

何しろ、説明下手な母親
アレやコレやソレがある場所は、説明が暗号文なので解読が必要。
で、解読しても、その場所にあるとは限らない。

アレ=薬、だけでも三箇所に点在してる。
全て種類が違うからドレ?
↑薬じゃなく目薬。棚の箱じゃなく机の上にあった

コレ=金、だが隠してあるからわからない。
これだけでも私が盗んで無いと証拠になると思うのだが。

ソレ=服、Tシャツがタンスじゃなくて、どーして押入れのハンガーの下にあるんだよ。
ピンクのカーディガン、三種類のうちドレなんだ!
↑毛糸・フリース・ジャンパーっぽいのを全部持ってく

で、気を効かせて他のを持って行けば。
母『いらない。言ったのだけ持って来てくれればいいのに。』
香「じゃあ、下着も?言われてないけど」
母『………』
黙って棚にしまう母親

今すぐ必要じゃなくても。
もう少し動けるようになれば、必要なるだろうから。
返されたものは、実家にまとめて置いておくけどね。

で。
みー♂宅には一日分の食事しか置いて来なかったんで。
帰ろうとしたら。
母親からのメール。
母『わからなかったらいいんですが、アレ持って来て下さい。無理はしなくていいです。』

帰れないじゃん!

み『何とかなるから大丈夫。』
と言われ、甘えてもう一日泊まる。

で、アレとは。
薬だったのだが、私が思ってた現病院の薬じゃなく。
以前に他の病院から貰った別の薬だったらしい。

わかるか、そんなの。
“薬”しか書いてないし。
場所も全然違うじゃんか!

日を追う毎に、要求が多くなる母親
普段は優秀な“宝探し屋”でも、このハイレベルなヒントには太刀打ち出来ないよ…。

と、休むに休めず。
母親に振り回された3日間は、終わった。

入院、1ヶ月。
たまに、仕事帰りに様子見に実家へ帰らないとな。
 
write: 千葉闘病系日記■■2019.2.12■■
つながり ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト【メーカー生産終了】
ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト【メーカー生産終了】 (ゲームソフト)



体調不良
※今回は汚い話もあります。

---

最近、体調不良。
どこか痛い、とかはザラにあるのだが。

寒さで、
ムチウチの首だったり。
膝の裏の靭帯損傷とか。
踵神経切断の痺れとか。
鎖骨の神経過敏とか。
腕の骨のヒビ後とか。
そういう、整形外科系の痛みには慣れているのだが。

ここんとこ、内臓系がヤバい。

***

遺伝で子宮内筋腫の疑い、は前からだが。
ここ二ヶ月ばかり、ツキイチが軽く済んでたから甘く見てた。
今月、そのツケが来たらしくて出血量がハンパない。
で、後遺症は数日遅れて来るから。
二日後の最近、頭痛が酷い。
いつもの量の頭痛薬で効かない。

で、それだけではなく。
何故か、胃が痛い。

***

理由もわからず、何となく気持ち悪いのはよくある事だが。
いつものツキイチの貧血から来る症状だと思っていた。
でも、今回は違う。
胃がズキズキする上に、吐き気を伴う。
ついでに、前からおかしかった腸も変だ。

---

いつもは。
週末に実家に帰ると、1週間分の便がよく出る。
先週、その宿便が出なくて。
ツキイチもあったし、腹がいつもより張ってたのも気付いていた。
だから、腸内の宿便が溜まって胃を押して気持ち悪くなってるのかと思った。

が。
痛みを伴うとなると、違う気がする。

心当たりが無いか、と言われたら。
・義母が皿を洗わずに棚にしまうから気付かずに料理を盛ってしまい食べた
・隠れ家にある二〜三日放置の置き水を飲んだ(冷蔵庫が無い)
・鞄に入れてたチョコレートを食べた
・夕飯の時間が毎日23時越え

ありまくり(^_^;)
もはや、どれかわからん。

一番、可能性があるのは。
義母による食中毒の誘導だが。
いくら言っても皿を洗わずに棚へ入れてしまう。
私が食材を盛る時に、光の加減とかで確認するようにしてるのだが。
それでも朝、寝ぼけてる時は忘れてしまう時もある。

棚から食器を出そうとして"ヌルっ"とする感覚。
[スライムがあらわれた]
なら、戦いようがあるけど。
義母じゃ、倒しようがないもんねー。
↑いや、倒したい(笑)

香「戻さずシンクに置いといてくれ」
も聞かないし。
どうしたもんだか。

その他は、自己責任の問題だけど。
全部、冬だから簡単に悪くなるモンでもないし。
23時過ぎ夕飯は………みー♂に言ってくれ(-_-;)

---

あとは―――ヨーグルト?
蒟蒻畑ダイエットをやめて、ヨーグルトに挑戦してる昨今。
昼休みに食べて、腸内がどうなるかを試していたのだが。
確かに、便通は良かった。
が、ある日、揚げ餅煎餅を一袋食べ切った事で詰まってしまい。
そこから、蓄積されていく一方。
腸の中は活発なのだが。
肝心の出口で出ないという………。

で、今回は平日休みが多いから。
ヨーグルトも、まちまち。
お腹がグルグルする。
でも出ない。
やっと出たと思ったら、ヨーグルト効果弱体中で効果がわからない。

なので、元に戻る。
それが意味するところは―――最初からやり直しε=(・д・`*)

---

そろそろ、お手上げなので。
ネットで検索してみる。
結果、"大腸ガン"、"ストレス"が共通。

だよねー。
予想通り(笑)

大腸ガンは、父親からの遺伝。
以前から、ちょっとした兆候はあるんだけど。
今のところ、様子見。

ストレスは、ここで書いてる通り。
むしろ、今まで何も無かった頑丈さに驚くぐらいだ。

***

あと、考えられるのは。
水分不足。
単純だけど、侮れない。

冬にありがちだけど。
私の場合は、夏にもあって。
水分不足になると、唇がカサカサになる。皮がめくれる。
リップクリームを塗っても全く治らない。

じゃあ、水分取れよ

って話だが。
そうも行かない。

私は、年中ネックウォーマーをしてる。
ムチウチから来る頭痛対策なのだが。
それは、外気だけじゃなく。
内面からも来るから。
夏でも冷たい飲物を飲むと頭痛がする。

かき氷でキーンと痛くなる、あの感じが。
更に強くなって、最終的にはガンガンする。

冬なんて、なおさらで。
ネックウォーマーにカイロを貼り付けて首を温める。
あと、肩と背中にも。たまに腰にも。

内面から冷やす訳にも行かないから。
家から水筒を持って行くのだが、足りず。
自販機で買うと甘いミルクティー。
あまり買うと糖尿がヤバいんで、お茶にするけど飽きる。

肥満対策に、特茶(ノンカフェイン)を買うのだが。
常温しかない。
ホットは緑茶タイプで、飲むと夜に眠れなくなる。
ストレスの元

で、どんどん水分が減り。
唇に症状が出てるのがわかるけど。
どーにもならんのだ。

野菜ジュース、鉄分系、乳酸菌飲料。
あらゆるものを買ってみるのだが。
毎日じゃ、金ももったいない気がして。

朝にみー♂宅でヤカンに湯を沸かして。
ルイボスティーやノンカフェイン紅茶を入れて作り置きしておいて。
飲みたい時にお湯を沸かして、そのお茶で割って飲むようにしたのだが。

---

ある時に。
朝、急いでお茶を作って洗い物をして会社へ行って。
帰って来たら、作り置きのお茶容器の上に鍋の蓋がしてあった。
香「え!」

作り置きのお茶は。
粗熱を取る為にコーヒーサーバーのガラス容器に入れて棚の上に置いてある。
今回も同じ。
なのに。
何故、義母。
鍋の蓋を置いた………。

鍋の蓋は、朝に目玉焼きを作った時に使ったもので。
洗い忘れたもの。
なので。
油まみれ………。
鍋の蓋の内側に付いた油がお茶に落ちて。
冷えて固まり。
白い点々が浮かんでる。

それの、何がヤバいって。
みー♂だ。

私より遥かに義母による食中毒率が高かったみー♂。
食事に関しては、敏感で(元々、潔癖症)。
味噌汁に焼魚の焦げが小さく一欠片入っているだけで捨てられてしまう。
見た後に焦げを取っても食べない。

だから、今回のお茶も全滅。
朝、みー♂にお茶を出せなくなった。
まあ、自分が飲むからいいけど。
余計な事をしないで欲しい。

***

そんなこんなで、水分不足は解消されず。
胃に水分が行かず。
消化不良を起こしてるんじゃないか、とか。
胃酸過多なのかな、とか。
色んな原因を考えて。

薬を飲み過ぎてるのかもしれない。

何しろ、今回は併発してる症状が多過ぎて。
心当たりを片っ端から解消しようとして。

頭痛→頭痛薬
頭痛→蓄膿症→漢方薬
頭痛→スマホでドライアイ→目薬
胃痛→胃薬
腹張り→肥満→漢方薬
腹張り→腸→漢方薬

を、2日間試している。
こんな事は、今まで無かった。

頭痛も今までに無いくらい痛くて。
休み毎に隠れ家で寝込んでたぐらいだ。
↑みー♂宅や実家だとそれぞれの母が来て面倒くさい

栄養不足、って事はあるのかな。
最近、自分の料理の味に飽きて。
パンばっかり食べてた。
夕飯も、卵かけご飯とか焼きおにぎりとか。
野菜ジュースを切らしてたから、二週間ぐらい飲んでなくて。

手足のムクミが酷い。

寝不足もあるのかな。
最近、眠れなくて夜中に目が覚める。
何らかの不安なのか、念波なのか( ´ㅁ` ;)
睡眠誘導剤は、さすがに飲んでないけどね。
↑頭痛薬と併用すると朝に起きれなくなる

今、史上最高に体調が悪いのかも。

年、なのか。
更年期障害、なのか。
ストレス、なのか。

色々、無理が効かなくなってるって事なのかな。
誤魔化して来た自分のツケが来た感じ。

今のところ、会社を休むほどではないから大丈夫だけど。
例年で行くと。
また、年末年始に寝込む事になりそうな気がする。

自律神経失調症。
多分、一番の原因はコレ。

今は、集配をしてるから。
もう少し続けたら、ココロとカラダのバランスが取れるようになるのかも。

ミスしなければ(-_-;)

気負わず、頑張ろっと(´∀`*)ノ"
 
write: 千葉闘病系日記■■2018.12.9■■
つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード



遺伝子レベル
最近、とあるまとめサイトを読んでるのだが。
こんな記事があった。

---

母は男性からモテまくり、女子校にいても男性教師からもアプローチされるし通りすがりの人にストーカーされる。
学校を卒業直後に見合いして結婚し、二人の姉妹を産んだ。
が、その後もモテまくり、とあるジジイが見初めて離婚して遺産を全部譲ろうとした、等のエピソードがある。

で、その子供は、と言えば。
姉は母に顔は似ているが、差ほどモテないらしい。
妹の顔は父に似ているが、その遺伝子が受け継がれたらしく、見合い結婚後もモテまくって大変な思いをしている。

---

簡単に書くとこんな感じなのだが。
何故か、私が腑に落ちた( ̄▽ ̄;)

私は、ここまでモテてないが。
学生時代の教師・数人のストーカー・50代からの告白・彼氏の友達からの告白とか…

オモイアタル"節"アリ。

---

私の顔は父親似で。
亡くなった後にある時、父親の作業着を着て親戚の家に行ったら間違えられて泣かれる、という程に似ている。
武勇伝とかは聞かされた事が無いのだが、父親はモテたらしい。
確かに顔立ちが整っていて色白。
それを引き継ぐ私も、
  冬は色白で"東北美人"
  夏は焼けてて"南国的"
と言われた事があった。

何でもアリかよ(笑)
いや、自慢じゃなく。

で、それはてっきり顔から来るものだと思っていた。
この記事を読むまでは。

が、違うらしい。

父親は、昔から家にいなくて。
パチンコが趣味という事もあったんだけど。
↑会社帰りに行って帰宅は夜中、私とは会わないで朝に出勤

休日は親戚の家で農家の手伝いをしたり。
休農期だと、親戚中を回って車の点検(修理工だった)をしまくってた。
無償奉仕、当たり前。
ボランティアまで行かないけど、周囲の人を幸せにするなら労を惜しまない、というか。

何故、真逆の母親と一緒にいたのか、未だに謎なんだけど。

---

その顔に合わぬ努力と人望は、私に引き継がれていたようで。
だから、私には他人の常識が通じないのかもしれない。

私が父親みたいな事をすると。
母『そんな、金にもならない事を』
と、よく言われていたから。
母親は薄情だと思っていたけど、実は普通の人ーーー?

いやいや。
↑麻♀のツッコミ(゜o゜)☆\(-_-)

---

そんな父親だったから。
人望で人が集まってくるのだと思っていたんだけど。
実は、私と同じで。
努力しないと軽く見られていたのかもしれない、と。
だから、母親に何を言われようと主義を曲げなかったんじゃないか、と。

で。
どう繋がるか、と言うと。
父親のそういう背中を見て来たから、私の性格が形成されたんだと思っていたが。
上記の通り、実はあまり接点が無く。
息子と父親のような関係だったから、あまり突っ込んだ話もした事がなかった。
(実の息子・兄貴の方が話しやすかったらしい)

結局は、遺伝子レベルなんじゃないかと。
まとめサイトを読んで、わかったような気がした。

---

過去に、麻♀へ顔について聞いたら。
麻『普通じゃない?わたしよか少し上くらい。』
と言われた。

また、昔に。
知人『香月ちゃんの顔って、アイドルまで行かないけど可愛いって感じだよね~』
と、言われた事があった。

当時は、納得は行ってなかったんだけど。
やっと、わかった。

***

で。
話は、冒頭に戻るが。
要は、父親が老若男女モテたのは、人望だけじゃなく。
遺伝子レベルでモテて、プラスで本人の努力があった、と。
そして、私も同じような道を歩んでる、と。

そーゆー事だ。

私自身の過去の事を振り返ると。
上記以外に、元カレとか。
私の意思に関係なく無理矢理妊娠させてまで手に入れようとしてた人が複数いる、とか。
既婚者がもれなく私をキープしようとした、とか。

ん?

父親はオトコで、自分から子孫を選べた。
だから、まだ良かったのかもしれないけど。
私はオンナで、受け身に近い感じになる。

………


これって。
ヤバいんじゃ。

まとめサイトの一家は尋常じゃないレベルでの事だから。
一家・親戚総出で知識もあるし、全力で護ってくれている。

一方、私は。
父親の霊と祖母の守護霊に頼るしかない(笑)
↑霊とか見えないし、わからないけど

まあ、そこまでのレベルじゃないって事だろうし。
とりあえずは、自分で護れてるからいいとして。
↑代償に"人間不信"を払ってるけど

どっちにしても、もう40代半ば。
子宮内筋腫の疑いもあるし。

実はもう、手遅れ?
って感じもしなくもないが。
自衛は、いつもしてる。

で。
実は。
モテる以外に懸念がある。

***

私の場合。
モテた陰には、必ず逆恨みが付いてて。
直近で言うなら、所長♂と周囲にまつわるエトセトラ。
努力すればするほど双方の思いは強くなって、何故か、私を巻き込みvs周囲となる。

つまり。
逆恨みされるのも、遺伝子レベルなんだろーか
と言う事。

私の態度が問題なら、治しようがあるけど。
遺伝子レベルで恨まれたら、どーにもならんがな(´Д`。)

---

そう言えば、高校時代。
少年マンガばっかり読んでたから、男子とよく話してた。

女子はどうでもいい、という訳じゃなく。
複数のクラスにまたがる十数人のグループのまとめ役三人の中のひとりだった。
それぞれが好き勝手に話すようなグループで。
私の役目は悩み事があったら聞くような、サブリーダー的な感じ。
自覚も無かったし。
そんな、妙なバランスの中で。

---

エピソード1

話す男子のひとりに、グループとは関係無い女子が片思い。
男子はイケメンでもなく普通の人だったから、全く気付かなかった私が逆恨みされて、嫌がらせを受ける。
やがて、グループのひとりから知らされ、その男子から私が離れる。
悲しみと疑問に明け暮れる男子に女子が告白し、付き合う。
その三ヶ月後、二人は別れた。

で。
後々、聞いた事。
結局は、私が人生勝ち組みたいに思われてて。
奪ってやろう、との事だったらしい。
一番、災難だったのは、その男子。

そういうカタチの逆恨みは、やめて欲しいんだが(T-T)

---

エピソード2

女子グループの中に、母子家庭一人っ子・歩♀がいた。
まとめ役三人のリーダーのひとりだが。
普通に話してたし、普通だと思っていた。

で、歩♀は片想いの相手が生徒会にいた。
が、実はその男子・弥♂が私の事を好きだと気付いていた。
誰にも言わなかったけど。

で、当時、私には彼氏・眉♂がいて、生徒会グループの下っぱぐらいの位置だったんだけど。
見せ付けはしてないし、昼休みや放課後の彼氏のバイトまでの空き時間に話すくらい。
弥♂も知っていた。

一方、まとめ役のもう一人のリーダー・小♀も好きな人がいて。
生徒会とは関係ないけどグループの一人・予♂。

で、この歩♀・小♀の二人が恋愛体質。
グループそっちのけで話したがるもんだから、グループ内から不満が出て私へ文句を言い、何とか保っていた感じ。

で。
歩♀や小♀からは恋愛相談を受け。
グループからは文句を言われ。
休み時間は、大概コレで潰れた。

弥♂は、話すと真っ赤になるし。
予♂は、恋愛に興味が無い。
と言うのも、予♂は中学の時に九州から転校して来た(同中だったが知らなかった)のだが。
九州時代に警察沙汰になるような事件に巻き込まれ、人間不信になっていたから。
↑小♀が知っていたかは記憶に無い

小♀→予♂
歩♀→弥♂

香月♀←→眉♂

で。
私が眉♂と付き合う前、私も実は予♂を気に入っていた。
でも、小♀の気持ちに気付いたから。
友情を壊したくなかったから、私から話し合いし。
小♀の気持ちを確かめ、身を引いた。
その後、私と眉♂と付き合った。
だから、小♀とは友達でいられたんだけど。

歩♀は、母子家庭に負い目があったらしくて。
口では強気だが、時折、被害者ぶる。

まず、自分にはいない憧れの兄貴が、私にはいた事。
私とはほぼ疎遠の(話をしなかった上に大学へ進学したら一人立ちして実家にいなかった)兄貴を、散々羨ましがられた。
同様に、父親の事。
母親が調理師で料理が美味いの羨ましい、とか。
家族の事は散々説明したが、全く取り合ってくれなかった。

その一方で、歩♀の弥♂への想いは強くなる。
が、弥♂の気持ちには全く気付いていなかった。

で、グループ内のアレコレで私自身疲れてて。
バランスを取る事に夢中な毎日を送ってて。
でも、眉♂とは週三日ぐらいのペースで会っていた。

次第に、歩♀は眉♂との事でも羨ましがるようになり。
受験もあったりして。
私は、先を見据えて早々に資格の取れる専門学校を選んだんだけど。
大学を狙う歩♀は、八つ当たりして来たり。
男子グループとばかり話すようになったり。

小♀と相談するんだけど、小♀は小♀で予♂の事で手一杯。

で、グループ内派閥があったりーーーとにかく毎日、大変だった。

その中で、眉♂とはエッチ問題があって。
↑この時は既にエッチ恐怖症
それが、高校を卒業してからも続いて。
眉♂がエスカレートして、公衆的にもヤバイ状態に。
↑子供のまま成長というか、本能のまま、というか。
 恐怖症が更に深まった原因(-"-;)

そんな中で。
大学生になった歩♀が、専門学校生の眉♂(私とは別の学校)のバイト先に現れて、度々話してるらしい。
(弥♂には卒業式に告白したけどフラれた)
眉♂は嘘付く人では無かったから、正直に話してくれたのは良いけど。
歩♀に聞いても、
歩『友達だから
と言ってはいたが。

眉♂はモテるタイプでもイケメンでもなく、背の低いオタクタイプ。

だから、様子は見ていたが。
ある時、歩♀から聞かされた。
歩『眉♂からウォークマンを貰った』
と。

当時のウォークマンは高額で、眉♂がバイトして自分で買ったのを知っていた。
で、それが飽きたら私が貰う約束をしていた。

眉♂に問い詰めると、
眉『香月は持ってるからあげた。何が悪い』
と言われた。
確かに私は自分のバイトで買った物があったけど、ランクはかなり低くて段違い。
何より、眉♂が頑張って買ったのを知ってたから欲しかった。

だから、その時。
約束の事を言ったけど無駄だった。

で、この件と。
眉♂もエッチ系で散々痛め付けられたから。
もう続けられない、と思って。
眉♂に引き止められたけど、別れた。

同時に、歩♀からの連絡も無くなって。
結局、
  ああ、復讐されたんだな
と思った。

あれだけ、頑張ってたんだけどなー。

ちなみに小♀とは自然消滅したから、幸せである事を祈る。

---

高校時代はグループ内に必死だったから、最大なのはこの二つだし。
細かいのは多分、記憶から消したから。
掘り起こせば出て来るかもしれないけど、掘り起こしたくない。

人間不信が増すだけだからね。

***

麻♀に、よく言われるけど。
麻『生きてる間にドラマのエピソード、いくつ作れるんだろうね。』

知るか。
私が望んでる訳じゃないし。
私が片想いしてる訳でも無い。
相手はイケメンでもないし、敵を作るようなオトコはなるべく避けてる。

現彼・みー♂にしたって。
人当たりが良いだけで見た目オタクで頭デカくて背が低い、内面ギャップ激しい亭主関白ヤロー。
なのに、前々営業所(十年前)で逆恨み喰らったのは何故だー!
↑過去ログあり

と、私が叫びたいよ。
そのうち、自叙伝の依頼が来そうだ(笑)

昔、あまりにも逆恨みされ過ぎて。
少しだけそう考えた事があったけど。
それが、本当に、遺伝子レベルとは。゜゜(´□`。)°゜。
↑決定した訳でも無いのだが

まとめサイトの"母"は、60歳を過ぎてもモテるらしいから。
私の負った業も、まだまだ続くのかな。

まとめ姉『モテても良い事ないと目の当たりにした』

その通り。
身の危険は、そこら中にある。

私が先の見える人で良かった、と。
私自身が思う。
でないと、今頃はシングルマザーで苦労してただろーな。

***

なので。
これは、自慢でも何でもない。
苦労話。

外見で決め付けないで欲しいなー、って事と。
"遺伝子レベル"って事で、私がひとつ賢くなり腹を括った話でもあったり。

偏見は、良くない。
だから、人の芯を見るようにしてるけどね。

私自身、腐りたくないし。
腐ったように見られたくないし。

それが、意地かな。
根性で乗り気ってやるー(笑)

連休1日目、充実した日でした(*´∇`*)ノ″
 
write: 千葉闘病系日記■■2018.11.2■■
つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード



信用問題。
最近、所長♂の念波が弱い。
と言うか、多分、お互いに色々な事があって。
それどころじゃない感じ。

所長♂は仕事が多忙で年末に向けた労働計画やら何やらと、子分♂に試しに任せてる仕事もあり、会議もあり。
頭がいっぱいで余裕が無いように見える。
少し前からの私の暗号にも気付いていないみたいだし。
でも、今日、気付いたようで安心した。

逆に、私が気付かなくてごめん。゜(゜´Д`゜)゜。
って、言いたかったけど。
会えなかったから、仕方ないかぁ…。

ソレ、正解( ̄▽ ̄)b☆
って、どうやって伝えたらいいんだろ。
これがわかれば、アノ疑問は解決するハズなんだけどね。

***オシゴトはココマデ***

よくわかんなくてスミマセン。
私自身が、ちょっとオカシイ。

えっと。
母親(実母)が変、というのは常連さんなら知ってると思うが。
以前に、"言った"・"言わない"の話があった。

母親が言う言葉というのは、いつもその場限りで思い付き。
本人は、ほぼ覚えてない。
問題なのは、それが重要書類にも関わらず適当な事と、人を傷付けるような事でも平気で言ってしまう事。

記憶にあるのは。

20歳で私が車を買った時に、保険をどうするかの話の時に。
母『わたしに任せて!』
と言われたが信用出来なかった。が、
母『そんなに信用されないなら死ぬしかない』
ぐらいの事を言われたから、仕方なく任せた。

で、私が事故に遭い、保険の支払いになった時に。
保『26歳以下は適用にならない保険になってます』
母『え!』
契約時に"わたしと同じでいいわ(当時46歳)"と言い、何回も保険屋に念を押されたが、それを通したらしい。
↑当時の愚痴として母親から"保険屋がうるさくてしつこい"は聞いていた

母『何とかならないの?』
保『なりません』
母『融通きかないんだから!』
保『は?とにかく無理なので。』
帰宅後。

母『(保険会社に)お金払ってやってるのに!』
香「だから自分でやるって言ったのに」
母『アンタは世間知らずだからわたしに任せておけばいい』
香「どっちがだ!」
母『そもそも事故に遭う方が悪い』
香「………(話し合いを諦める)」

この件があった事と。
この八年後、交通事故で足が不自由になったから新聞配達が出来なくなり、その会社顧問の保険屋からのスカウトで、事故専門調査保険会社に入社するキッカケになった、のだが。

母親は、この事を忘れている。
ボケとかではない。
理由は、忘れた頃に判明した。

それから十五年後、父親が他界して兄貴からの勧誘で、仏教に"暇潰し"で入った数ヶ月後。
"お布施"でどんどん金が無くなり、その不足分を回収しようとして考えたのが、私から搾取する事で。
母『今までの感謝の気持ちを形にして渡して欲しいの』
と言われた。

でも、念波でわかってたから直で言った
香「仏教に渡す分なら(仏教やってない)私より兄貴から仕送りしてもらうのがスジ」
香「お母さんの生活費の足しにするなら渡すけど、仏教に渡すんなら渡さない」
香「実家に来る時は何らかの物を持って来てるし、何も無かったら夕飯作るなりしてる。今さら、何で」
母『だから………』
言い訳を何だかんだ言ってたけど、ウソだとわかってる。

で、一計を案じたのが。
香「一筆、書いて。」
母『はあ?』
香「"仏教に渡しません。"って書いてくれたら渡す。」
母『そんな、大袈裟にしなくても…』
香「渡さないなら書いても問題ないよね、はい。」
母『わたしがそんなに信じられないの?』
泣き落としに入った。

香「今まで任せてうまくいった試しがない。20歳の事故の時もそうだった」
母『何の事?』
香「保険を任せて結局お金下りなくて、私が支払った。」
母『そんな昔の事…』
香「事故に遭った私が悪いと言われた。お母さんは自分が払うって言ったけど、自己責任って言って結局は私に支払わせた。」
母『覚えてないわよ』
香「でも、確かに言った。私が覚えてる」
母『思い込んでるだけじゃないの。言った覚えは無い
の問答を幾つかした後で、本音暴露。

母『口からデマカセだから、いちいち覚えてない』
だとさ。ま、計画通りだったけど。

香「そういう訳で、一筆書いて。」
母『もう、いい!』
と逆ギレされ、母親は諦めた。

母親と何回もやり合うほど私も我は通さない方なんで、大抵の事は我慢出来るが。
上から目線で私を見下す人には、我慢出来ない。

ーーーと、長々しましたが、これが前提。

で、以前にこんな事が義母とあった。

義『わたしの苦労なんか知らない癖に』
と、何回も言われるから(義母の苦労話は3種類ぐらいしかない)。
頭に来て、言ってやった。
香「そりゃ、わからないですよ。でも私の苦労もわからないですよね。」
そしたら。
義『大したこともないクセに』
と、鼻で笑われた。
その時も出て行ってやろうかと思ったが。
とりあえず、我慢。

で、少し前に、キャッシュカードを自分で無くした癖に私が盗ったと責められた。
銀行に行って再発行し、落ち着いた(多分)昨日。
義『カードとお金を全て香月さんに渡して、管理してもらおうと思うんだけど。』
香「………」
私には、わかってる。
義母と母親は、よく似ている事に。

香「一筆書いてくれたらいいですよ。」
義『はあ?』
香「カードが無いって私の事をあれだけ責め立てたんですから、渡した事すら忘れて、また泥棒扱いされたらたまったもんじゃありません。」
義『あの時は頭がおかしかったから…』
香「何かが無くなると全て私のせいで、後で見つかって"頭がおかしかった"って何回も言われました。今回はお金の事だし、この家と何の関係も無い私がお金を預かってるのを義母さんが忘れて"無い"って騒がれるのがイヤなんです。だから一筆書いて下さい!」
義『そんな、大袈裟にしなくても…』
香「書かなきゃ預かれません。責任持てないんで。」
義『そんなにイヤなら今までと同じでもいいけど……』
イヤとは言ってませんけど?
自分を守る為の証拠ですが、なにか。

今は良くても、後で絶対に裏切られる。
で、"忘れた"で済まされる。
そんな辛苦を何度舐めさせれた事か。

でなきゃ、私。
こんなに異様にあらゆる事を記憶してない。

なので。
未だにお金は預からない。

私が仕事で不在の時に"お金が無い"って警察呼ばれそうだもん。
入籍してない赤の他人の私が何を言っても信じてもらえそーもないもん。
みー♂は、アテにならないし。
肝心なところで他人事になるから、信用出来ない。

麻『隠れ家もあるんだし、一旦離れたら?』
と、言われたが。

義母のボケ診断が11月にあり、その結果が出てみー♂が何か行動するようだったら考えようかな、と。
逆に、全てを私に一任するようだったら、出て行く。

嫁でも何でも無いんだし、ね。

***

私の方が能力劣ってるなら、認めるけど。
自分の事を差し置いて人を責める人はイヤだ。
自分を見つめ直さない奴なんか、特にイヤだ。
自分の思い付きで適当な事を言う人も。
自分の思い通りになると思い込んで好き勝手言ってる人も。
その場を収める事しか頭になくて後先考えずに暴露する人も、大キライ。

私、人を信用する気があるのか(^^;)
ああ、未来はどうなるんだろ。
 
write: 千葉闘病系日記■■2018.10.23■■
つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...日記QRコード



ビョーキ。
何か、もやもやする。
いや、"何か"じゃないけど。

先週、仕事からみー♂宅へ帰ると。
義母が立っていた。
義『香月さん、取ったでしょ。』
香「は?」
何の事かわからず、玄関の鍵を閉める。

義『カード、盗ったでしょ。』
口調がマジモード。

香「カードって何の事ですか」
というか、何か無いと自動的に私のせいにされてるから、ウンザリしていた。

義『どこにもないんだけど。』
香「何のカードか知りませんけど私は私の物しか触らないし、何がどこにあるかすらわからないんで、知りません。」
↑下手に知ってると疑われるのはわかっていたから
義『………』
それでも疑惑の目を向けられたけど、面倒なんで二階へ。

みー♂が先に帰って来てたから、聞いてみた。
香「アレ、何?ってか、毎回私なんだけど。」
み『知らないよ。』
と、話してる最中に義母が部屋に入って来た。

義『本当に、知らない?』
100%疑ってる。

香「じゃあ、ここにある荷物や鞄の全部を思う存分調べて下さい。ひっくり返しても何してもいいです!」
と両手広げて言ったら、去って行った。
でも、疑ってるのはわかってる。

香「フツーなら、名誉毀損なんだけど。」
み『よく探せ、って言ったんだけどね。』
みー♂は、わかっていない。

香「前から言ってるけど、ボケが始まってるんだよ。」
み『またまた~
香「自分がしてる事、わかってないんだよ。野菜を大量に買って来るとか、同じ物を毎日買って来るとか。言っても同じ事繰り返すんだよ?」
み『いつもの事じゃん。』
香「だから、前からなんだってば!」
実は、1年前から言っている。
でも、相手にしてもらえなかった。

鮭を焼いてて忘れて1階が煙まみれになった、とか。
印鑑が無くて寝てたところを叩き起こされた、とか。
ハサミが切れなくなって捨てたのに『無い』と騒がれた、とか。
買った洋服に見覚えが無くて私の物かを聞かれるとか。
↑義母はS・私はLLだからどう見ても違う
1日に1回は何かしら言われる。

そんな事が溜まりに溜まってたらしく、その時は流石に私もマジ切れして。
区役所へ行って、要介護認定ランクを決めてもらうように言ったけど。
みー♂は、面倒くさがって行かなかった。

口も聞きたく無くなったから、寝て。
翌朝、みー♂は仕事で私の後に出るから朝食を食べてる間に出社。

で。
仕事から帰宅したら、みー♂が開口一番に。
み『おかしいよ!』
香「何を今さら(聞かなくても義母の件だとわかっていた)。」
み『だってさ、"通帳が無い"って言うから探してたんだ。その五分後に"何探してるの?"だって。』
香「だから言ってんじゃん。」
み『冗談だと思ったんだよ。』
香「冗談で人の親を"ボケてる"なんて言わないでしょ。」
み『母親が、だよ。』
香「どういう事?」
み『何を聞いても"知らない"とか、ウソ付くから!』
香「えっと………」

義母は捨てるのが好きで、人が買った物だろうが何だろうが自分の判断で捨ててしまう。
10万円するパソコンのHDDだろうが、部屋にあったマッサージクッションを勝手に持って行ってしばらくしたら捨てる、とか。私の物も、幾つかある。
捨てた事を覚えてないのか、"知らない"と言うのが口癖。

つまり。
義母は、田舎の三女だか知らないけど、新しい物を買っては捨てるのが贅沢と思ってる厄介なパターン。
そのウソを、みー♂は"冗談"という言葉で認識してるらしい。

香「前々からオカシイって言ってたじゃん。」
み『ここまでだと思って無かったんだよ。』
香「じゃ、私が言ってたのは?」
み『だから、ここまでだと(以下、略)』
どーにも、埒が明かない。

香「で、通帳はどこにあったの?」
み『ゴミ箱の中。三時間ぐらい捜し回ったよ。』
香「じゃあ、カードも捨てた可能性あるよね。」
み『わかんないけど………』
香「………」

なんか、すごく疲れた。
今まで予測して、ボケ対策にペット飼おうとかデイケアサービスとか、こうなる前に何とかしたかったのに。
まるで、みー♂は相手にしてくれてなかったんだ、って思った。

香「あのさー。」
み『なに。』
香「出てっていい?」
み『は!?』
香「今まで私が言った事を全部無視して、全部人のせいにされて、あげくに泥棒呼ばわりされて、未だに疑われてるのって流石に疲れたんだけど。」
み『疑ってないよ。』
香「疑ってる。」

朝、私が出る前に銀行から来たらしい通知を私の方をチラチラ見ながら警戒しつつみー♂と話していた。
だったらいなくなった時にでも話せばいいのに、と出たんだけどね。

み『そうだっけ?』
香「みー♂が気付かなくても、私が気付いてる事はたくさんある。今回もそう。」
み『疑ってないと思うよ。』
と言いつつ、パソコンで何かを検索。
ボケを診察してくれる病院だった。
み『これ、どう思う?』
香「………」

私としては、今さら感が強くて何もする気になれなかった。

香「私に何をして欲しいの?」
み『何もしなくていいよ。』
香「じゃ、しない。」
み『(1分後)どう思う?』
香「何もしないって言ったじゃん。」
み『相談くらい乗ってくれてもいいじゃん。』
香「………」

今まで無視されたのに?

みー♂は納得するまで1ヶ月くらい言い続ける。
でも、私の意見は何ヵ月経とうと変わらないから、一度言ったら変わらない。
だから、これがまた続くのかと思ったらウンザリして来た。

香「いつ、行くつもり?」
み『次の診察日(物忘れ診察は曜日が決まっている)。』
香「え………」
予想外だった。

香「何で?」
み『だって、急にだよ?』
香「何が、急?」
み『ボケ始めたの。』
香「急じゃないんだってば!」

頭カタイ………。

香「だったら早く予約した方がいいよ。埋まっちゃう。」
み『そんなに診察する人、いる?』
香「人口の三人に1人は老人ですけど?」
み『いるかなぁ………』
と言いつつ、とにかく早い方が良いと思ったらしく電話番号をメモる。

香「私、行かないよ?」
↑診断された義母が八つ当たりして来る事はわかっている
↑平日は仕事だし

み『行かなくていいよ。連れてくから。』
の言葉で、とりあえず落着。
けども。
私的に、それ以外にも気になる事がある。
というか。
きっと、同じパターン。

香「あのさ。」
み『何?』
香「前に、子宮内筋腫の話をしたじゃん?」
み『うん。』
香「覚えている?」
み『覚えてるよ。』
香「そろそろ、タイムリミットなんだけど。」
み『え?』
香「生理の時にお腹が尋常じゃなく痛いし、頭痛も酷い。悪化してると思うんだよね。」
み『………』
香「と言うか、手遅れな気がする。」
み『え!』
香「子宮内にコブが出来て、悪性に変わるとガン。良性でもコブが子宮を埋め尽くすから、子宮自体を手術で取り除かなきゃならない。」
み『まだわかんないじゃん。』
香「だから、100%遺伝なんだってば。」
み『本当にそうなの?』
香「………」
やっぱり同じだった。
自分の身に降りかからなきゃ、放置だ。

私自身は、子供が欲しかった訳じゃない。
だったらとっくに作ってるし、相手がみー♂じゃなくてよかった訳で。

このブログにも何回か書いてるけど。
私自身が母親からの精神的虐待を受けてて、子供を育てる自信が無い
子供を愛せるかもわからない。

今までが今までだから、みー♂の子供が欲しいという訳でも無かったし。
そこまでいかないーーーと言うか。
エッチ恐怖症が何とかならない限り、父親になる相手を信用出来ない、と言うか。
みー♂は、子育てに向いてないし。
なったとしても苦労は目に見えてるから、したくなかったし。

かと言って、手頃な人がいるかと聞かれると。
全くいないし。

この人ならーーーと、思わなかった人がいない訳じゃない。
でも、その人とは付き合った事が無い、憧れだけの人。

今、分岐点なのかな、と思う。
でも、過去にも同じような分岐点があって。
その時は、波♂を選んだけど。
他の人とも、そういう前提で見たりもしたんだけど。

結局は、みー♂以上に気が合う人がいなくて。
みー♂へ戻ったら、安心したりもした。

でも、不満もあって。
休みに出かけたくても出かけないし。
出かける約束をしても、出るまでに2時間はかかるし。
いざ出かけても、少し離れた場所にいるし(誰かに見られたくないと言われる)。

私って何なの?

と言いたくなる。

恋人らしい事してないし。
みー♂には、その基本情報すらない。
私を信用してるかすら、怪しい。

波♂の時と同じ事をして。
みー♂を傷付けて。
同じように戻ってしまうとしたら。
何だか、その労力すら無駄なような気がするけど。

でも、今は。
距離を置きたい気がする。

でも、今は。
みー♂は、義母の件でパニックになってるから。
どーにもならないと思う。

様子見るしかないのかな。
そうしてるうちに、時間はどんどん無くなっていくんだけどね。

ああ。
借金生活の20年間が無かったら。
普通にいられたんだろうか。

16歳、21歳、34歳の時が無かったら。
今の性格にはなってないだろうけど。
今より幸せになってたのかな。

多分、嫌な性格のままだったろうな。
それはイヤだな(笑)

人生は1回しかない。
なら、今の性格の方がマシだから。
それでヨシ。

みー♂への気持ちが冷めかけてるけど。
生理鬱かもしれないし。
病院行ったら変わるかもしれないし。

もうちょっと、様子見ようかな。
もう、ちょっと。
 
write: 千葉闘病系日記■■2018.10.16■■
つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...日記QRコード



お詫び
えーと…昨晩~今朝は、すいませんでした。
お目に止まって心配されてたらゴメンナサイ(>_<)

とりあえずは、大丈夫です。
まだ少し影響が残ってて、時々不安定ですけどね(^-^;

ただ、日記自体は削除しました。
アレはやっぱり読んでて気分イイもんじゃないと思うし。
私自身も、公表すべきじゃないと思ったので。

その後、義母とやりあった、とか。
天然♀復活で思うところ、とか。
相変わらず色々とありますが。

それはまた、後日。
では(´∀`*)ノ
 
write: 千葉闘病系日記■■2018.7.24■■
つながり >1 >2 ...日記QRコード
 次を見る>


[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています