日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(23)
元気系(51)
いやし系(75)
恋愛系(441)
バカップル系(39)
ペット系(20)
グルメ系(11)
レシピ系(7)
ダイエット系(1)
自慢系(1)
グチ系(114)
オシゴト系(521)
観察系(16)
旅行系(5)
映画系(33)
ゲーム系(26)
ちとエエ話系(2)
今日の一句系(1)
ポエマー系(2)
小説系(1)
秘密系(30)
社会派系(18)
不幸系(24)
闘病系(134)
オトナ系(21)
仕事の愚...
ビョーキ...
懐古分析
仕事って...
日帰り旅...
休み。
思考のズ...
見え方
タイセツ...
仕事とは...
疑うのは...
原因と理...
うぐぅ…
会話。
休日。
無理出来...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 徒然なるままにきまま日記「CONOEより」
香月
香月とりあえず系元気系いやし系恋愛系バカップル系ペット系グルメ系
レシピ系ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系旅行系
映画系ゲーム系ちとエエ話系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系
社会派系不幸系闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆43才 1974(昭和49)年11月生 O型 千葉在住 アルバイト/フリーター 専門学校卒 年収 300万円以上 土日祝日休み 一人暮らし 独身 長女 ◆離婚経験無し ◆子供無し 車有り お酒は飲めない 喫煙しない 159cm /普通体型 / 黒髪 茶目 白肌 ◆好きな野球チーム: なし ギャンブルしない
◆趣味・興味: 映画/ビデオ, 書籍/雑誌, ゲーム(ソフト,ハード), コンピュータ, インターネット, モバイル
作家QRコード
作家QR
 コード 
徒然なる日々は、 成長を生む?平穏無事がテーマでも、 なかなかこなすことの出来ない毎日を綴っていたりします(T_T)
 
2018年10月
 1
2
3
4
5
仕事って。
日帰り旅行
6
7
8
懐古分析
9
10
11
12
13
14
15
16
ビョーキ。
17
18
19
20
仕事の愚痴。
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

→最初の日記
→全部で1617日記

CONOEより
波♂編

何だか、激動の毎日。

波♂は最近、毎朝私がいる1F事務所に来る。
何を考えてるかは、よくわからないが。
その、決定的となった一件が。

ある日、私はいつものように事務所にいた。
西♂が来て、構われてると。
目の隅に、フッと見えた信じがたい姿。

1F倉庫の通路を窓から事務所に繋がるドアを横切ると、壁があって一度サーチアウトになる。
窓から一瞬見えた後ろ姿は、波♂。
でも、違う。
まさか。

ガチャ。

波♂が、ドアを開けて入って来た。
ええ──────っ(゜ロ゜ノノ

私は、本気で驚く事が少ないのだが。
この時は、驚きで止まった。

西『何、どうしたの。』
波『もう、めんどくさいからさ。』
と、“どう?”言いたげに私を見る。

香「…………(゜_゜)…」
ノーコメント。
だって、私は。
私は、波♂の男性らしからぬサラサラヘアが好きだったんだもん。
坊っちゃんっぽくても、少し崩れたキムタク系で長めでも、それは似合っていたから好きなワケで。

まさか。
丸坊主にして来るなんて、誰が予想したの?!
香「え、と、朝礼に行かなきゃ。じゃ、ね!」
人見知りな私は、髪型変わっただけで別の人として認識してしまう傾向にある。
この時も、波♂を別人と思ってしまっていた。

それから。
昼休みは、タイミングが合わずに会えず。
八♀に感想を聞いたが、
八『会えなかった〜!最近、売店に来ないんだよ(-"-)』
そーなんだ……。

八『何かあったのかな?』
香「何だろね。」

てっきり、別居とか離婚系で気分転換に坊主にしたと思い、気分が軽かった私だが。
この八♀の一言で、何だか心配になる。
波♂は、女々しい性格だから。
何かあった、と考えるのは普通かもしれない。

すれ違いすらなく、残業もなく。
帰宅時間となり、やはりズレたので波♂にメールを送った。

♪香“お疲れさま。何かあった?話があれば聞くからね。”

時間潰しの為に、ウロウロしてたらメールが来た。

♪波“坊主にしたからって、何かあったって思うのはオカシイでしょ!”

心配してた分だけ、怒られたような気がして。
心配してた分だけ、損した気になって。

♪香“心配して損だった、なんて思いたくなかったな。もう休みも誘わない。さよなら。”

本気で離れる気で、メールを送った。
気持ちを無駄にされるくらいなら、やめた方がいいって思ったからだ。

次の日は休みで、会えなくて。
1ヶ月ぶりに、手紙を書いた。
私の、正直な気持ちを。

 心配した気持ち。
 何故、一緒に出かけたいか。
 一度好きになったら、なかなか変わらない心。
 波♂は態度でわかるけど、言葉にしてくれないからわからない事。

次の日、波♂はわかったような顔をして。
でも、やっぱり言葉はなくて。

波♂の好きモードが、加速した∠(-_-;)

それ以後、タイミングが合わなくて、波♂と仕事帰りには会えていないのだが。
それが寂しいのか。
朝、波♂は1F事務所に必ず来るようになった。

私の機嫌を損ねた次の日でも。
以前は避けて、来なかったのだが。
私の性格がようやくわかったらしく、平然と来るようになった。

何となく。
お互い告白してないのに、友達と恋人の境を行き来しながら、恋人に近いような雰囲気をたまに感じる。

昼休みも、西♂と離れて一緒に食べて。
ぎこちなくても、波♂はそこにいて。

帰りのメールは、相変わらず返って来ないが。

何となく、イイ雰囲気?

波♂が、私を信用したのかもしれない。
自信が、付いたのかもしれない。
でも、言葉は相変わらず聞けない。

うーん……、聞きたいなぁ。

そんな中で。
私は、ヤマト運輸ドライバーの経験から、社交辞令だけは天才的に磨かれていた。

今いる出荷部署のパートは、140人ほどいるのだが。
約2/3は知っており、残り1/3のうち1/2ぐらいは顔を知っているだろう。
↑担当1Fのパートは約50人ほど、後は前にいた4FのT&F、管理部署時代の知り合いetc。

昼休みに食堂へ行けば、私が知らない人に話しかけられる。
返品部署なんて、ほとんど関わらないのだが。

相手が知ってて、気さくに挨拶される。
↑ヤマトではお客がそうだったので、反射的に挨拶を返す私。

つまり。
私の顔って、どこまで知られてるねん、って話。

そんな中で波♂と(&爺♂)昼休みに食べて。
噂されても構わないし、むしろされた方がお互いに変な虫がつかなくていいかな、なんて思っていた。

そしたら。
出荷部署で4Fにいる朽♀が、来た。
朽『一緒に食べていいですか?』
と、波♂の隣に座る。

ええ────っ(゜▽゜;)?!

イヤとは言えずに承諾するが。

朽♀は他部署から異動して来たので、波♂とは話すが私とはあまり面識がない。

つまり。
川♀の、二の舞となる|||(-_-;)|||

波♂は、気を使うのか素なのかはわからないが。
私以外だと、饒舌だ。
朽♀に対しても、同じで。
目の前で二人で会話され、そのテンポについて行けない私は、食事に集中するしかない。

波♂は気を使って、私にも会話を回すが。
一言・二言ほどがせいぜいで。
その場にいたくなくて。
食事終了と共に、去った。

その後、朽♀に仕事で会ったが。
ぎこちなく笑っていたので、わかったかな?と思い、少し安心したのだが。

違っていたようだ。

次の日。
爺♂が休みだったので、テレビを見る為に同じ方向に座る波♂&私。
隣は恥ずかしいので、1つ席を空けて座ったのだが。
朽『お邪魔していいですか〜?』
と、座ったのは。

波♂と私の間。

朽『テレビ見れるから、この席で。』
って。

    TV
┌─────┐
└─────┘
┌─────┐
└─────┘
      波朽香

この状態って……(・_・)
ちなみに、波♂の反対側の席は、空いている。
朽♀は、ジャニーズファンらしいし。

ケンカ売ってんのか、うりゃあ(*゜o゜)θ☆

……と、思わなくもない。

波『………』
コーヒーを作って戻って来た、波♂。
この状態に、しばし無言。
朽♀が話しかけるが、答えるが、さすがに困った様子。

で。
波♂、ナンパな人でもなかった。

朽♀は、会社の同僚。
私は、違うらしい。

言葉遣いが、違う。

朽♀を挟んでの私との会話は、少し親しげで。
何だか、安心した。

朽♀は、他部署からの異動だし。
昼休み時間も、今までとそんなに変わらないワケだから。
今まで一緒に食べてた人や習慣となったモノは、どうしたのか?

という疑問が湧く。

また、アレかな。
私の、波♂への一方的な片想いだと思われてて。
彼女になりそうだから、それだったら“あたしが”奪ってやる的な考えかな。

えっと。
私、普通にいます。
昼休みも、一人で食べてました。
この場所に後から来たのは、波♂で。
どこに行くにも、何をするでも。
波♂が、追いかけて来るんです。

少し顔がいいだけで、平凡に見える私。
憧れ”の波♂が好きになる、なんてみんな考えないし、思いつかないんだろうな。

それなら、自分の方が良いと思うらしい。
自惚れ、強すぎ。

そんな人は、波♂は好きにならないんだよ(o^-')b

たぶん(A;゜▽゜)

この時点で私も自惚れてるけど…いいのかΣ(-_-;)?!

朽♀が昼休み一緒に食べた1日目の翌朝。

私が勝手にいじけて身を引こうと考え、波♂にそっけなくする。
前日にネット手紙を送って読んでない(カウンターが増えていない)事から、そう思われていただろう。

そういう時の波♂は、私を避ける。
つまり、1F事務所に来ない。
どうしていいか、わからないからだ。

……と、予想していた。
が。

波『おはよう。』
香「……はよ。」
来たよ(゜ロ゜ノノ
しかも、時間早め。

香「……手紙、読んだ?」
波『え、何、なに?』
動揺はしているが、いつもとは違って落ち着いている。

香「手紙。」
波『ああ、読んでない。何が書いてあるの?』
香「え……、会社じゃ言えないよ。」
波『ふーん……。』

内容は。
 三人だと人見知りで話せない事。
 そんな自分がイヤな事。
 波♂が気を使ってくれてる事。
 そんな態度が私と似ている事。
 何も言わないけど波♂を知ってる事になる。
 だから波♂を知っても嫌わない事。
 色々な事を話して欲しい事。

波♂は多分、上の2行+自分への後悔と波♂への謝罪が延々と書かれている事を予想している。
そんな言葉はいたたまれなくなり、また、せっかく親しくなったのに再び遠くなるのを避けたくて、手紙を読まないのかもしれない。

それはそれで、嬉しかったり。

その翌朝。
波♂は7時出勤。
いつもなら、3F事務所にいたのだが。
この日は、私のいる場所に来た。

お互い、普通の会話を交わして。
普通+αの雰囲気になった時に。

朽『おはよ〜ございます。』
と、いつものように朽♀が来た。
書類を窓越しに取って行くだけだが。
少し、驚いた表情をしていた。

これで気を使ってくれるかな、と思ったのだが。
昼休みは前述の通り、波♂と私の間に座った。

これは、宣戦布告と考えてよろしいでしょうか?

喜びつつも。
いつもに増して忙しかった、この時は。
この後の会話はロクに出来ず、普段遅い引♂が早めに来て、波♂の目の前で打合せしたもんだから。

波『(-"-)』
怒ってるよ……。

仕方ないので、忙しいのに波♂へ電話をかける口実を考え。
かけて、動揺はしていたが、普通に戻って。
ようやく安心、と思った矢先に。
昼休みである∠(-_-;)

最近、休みを変更して連休してる波♂。
家族と過ごすのかな、と思って不安定になる。

相変わらず、波乱万丈。
私は、いつ落ち着くのやら……。
 
write: 千葉恋愛系日記■■2008.7.31■■
つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています