日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(23)
元気系(48)
いやし系(71)
恋愛系(441)
バカップル系(39)
ペット系(20)
グルメ系(11)
レシピ系(7)
ダイエット系(1)
自慢系(1)
グチ系(114)
オシゴト系(493)
観察系(14)
旅行系(5)
映画系(31)
ゲーム系(25)
ちとエエ話系(2)
今日の一句系(1)
ポエマー系(2)
小説系(1)
秘密系(30)
社会派系(18)
不幸系(23)
闘病系(131)
オトナ系(21)
コトダマ...
仕事。
取説~蠍...
取説~牡...
私とみー...
DNAと思考...
イベント...
イベント...
髑髏城の...
不運、ふ...
ドラマと...
女性不信
不満爆発...
隠れ家製...
自思異思
腹の内側
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 徒然なるままにきまま日記「髑髏城の七人~ワカドクロ~」
香月
香月とりあえず系元気系いやし系恋愛系バカップル系ペット系グルメ系
レシピ系ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系旅行系
映画系ゲーム系ちとエエ話系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系
社会派系不幸系闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆43才 1974(昭和49)年11月生 O型 千葉在住 アルバイト/フリーター 専門学校卒 年収 300万円以上 土日祝日休み 一人暮らし 独身 長女 ◆離婚経験無し ◆子供無し 車有り お酒は飲めない 喫煙しない 159cm /普通体型 / 黒髪 茶目 白肌 ◆好きな野球チーム: なし ギャンブルしない
◆趣味・興味: 映画/ビデオ, 書籍/雑誌, ゲーム(ソフト,ハード), コンピュータ, インターネット, モバイル
作家QRコード
作家QR
 コード 
徒然なる日々は、 成長を生む?平穏無事がテーマでも、 なかなかこなすことの出来ない毎日を綴っていたりします(T_T)
 
2018年5月
  1
2
3
DNAと思考回路
4
5
6
7
私とみー♂との10年間
8
9
10
11
12
13
取説~蠍座~
取説~牡羊座~
14
15
仕事。
16
17
18
コトダマ。
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  

→最初の日記
→全部で1573日記

髑髏城の七人~ワカドクロ~元気系日記
うん、良かった。
面白かった。
映画館で見て正解(*´▽`)ノ

DVDが販売されてるのは、知ってるけど。
評判とキャストをネットで調べたら。
劇場に近い映画館で見るのがベストと思い。
半年前から狙っていたのだが。

何せ、一番近場がお台場。
19時開始、23時終了。
そんな時間じゃ、終電に間に合わないよ(勝手知ったる路線時間^^v)

なんで、様子を見つつ。
時間を置いたら。
好評らしく、いつの間にか映画館が増えていた。

前回、桜木町に行こうとしたのだが。
予約の段階で、人がたくさん(土曜だし)。
小栗旬”目当ての若い子達がいるかも。
↑“髑髏城の七人~花~”がそうだったから

なので、日付をずらし。
様子を見てたら。
もっと近場、発見☆

築地?東銀座?周辺。
映画館名『東劇』。
ネットで見たら、435人収容1スクリーンしかない。

岩波ホール(神保町)みたいなモンかな~と思いつつ。
ネット決済出来るので、予約&支払完了♪

で、時間が経つにつれ………ちょっとした問題が。

彼氏みー♂と休みが一緒になったら、問答無用で行くのだが。

ん?
よりによって。
この日、所長♂と一緒だ。

シフト表は所長♂が作ってるから、今までは女帝♀&天然♀対策の為に一緒にならなかったと思われるが(何も無くても下手に勘繰られる)。

何か、考えがあるのか。
単に、この日しか無かったのか。

まあ、後者だろうけど(^_^;)

多分、前所長・田♂がいる限り、所長♂は何もして来ないだろーし。
この日も、
所『支店に行く』
と言ってたから、誘われないとは思っていたが。

やっぱり、何も無かった(;゜∀゜)=3

で、隠れ家で午前中を過ごし。
午後、イザ東京へε=ε=┏( ・_・)┛

ちなみに、私が行く時は電車で。
運転に自信が無いのと。
駐車場の料金が勿体無いからだ。

いつもの通勤ルートで会社に自転車を置き。
そこから電車。
八丁堀に着き。
時間があるので、東銀座まで歩く。

ココで、スマホ登場♪
いや~、地図アプリって便利。
昼飯食べるトコまで見れる。

ホントは築地に行きたかったけど。
ランチの時間を微妙に外したので、天丼にした。

で。
映画館は、思ったより立派で。
少し、帝国劇場風。
赤い絨毯が敷かれてる渋い3階に上がったら。
あ、映画館だ。
ポップコーン売ってる(笑)

途中で買ったお茶1本を片手に。
邪魔されないよう、予約した中通路の前ブロック一番後ろの席に座ると。

1つ席を挟んで、女性が座った。

嫌な予感(-"-;)
最近、席で運が無いからだ。

前回の“髑髏城の七人~上弦の月~”で、隣になった人は。
服の裾が私の場所の膝半分まで伸び、大声で泣くわ笑うわ独り言言うわで、散々だった。

今回は。
IHIほど満員にならず、“まばら”で20人いたかいないかぐらいだったのだが。

何故、そこを選んだ―――|||(-_-;)|||

ちなみに、今回は“ゲキxシネ”。
往年の劇場公開された演目を、映画館で観ようというコンセプト。

内容からすると、DVDを映画館で観てるみたいだけど。
ソコじゃないと感じないナニカがあるのだよ、きっと!

でなきゃ1800円は何だってゆー………。

ま、気を取り直して。
開演時間♪

***

舞台は、天正十三年。
織田信長が明智光秀の裏切りに合い、数年が過ぎた頃の話。

捨之助:小栗旬
女好きで世を捨てた捨人、と本人は言うが実は情に厚い芯の通った“地の男”。
かつては織田信長に仕えた情報屋だったが、亡き後は各地を放浪していた。
途中、関東の髑髏城の噂を聞きつけ、やって来た。

無界屋蘭兵衛:早乙女太一
色街“無界の里”の主人にしては色事に目もくれず、女にも興味は無い。
首から数珠をかけている。
剣の達人で、正体を隠しているが実は捨之助と共に織田信長に仕えた“森蘭丸”である。

天魔王:森山未来
いつからか関東に城を造り兵力を備えた人物。常に仮面を被り素顔を見せないが、正体は捨之助・蘭丸と共に戦った“仁の男”。
人の心を巧みに操る。
織田信長を崇拝していたが、崇拝するあまり、自分が超えようと野心を膨らます。
また戦闘の中にこそ自分が存在するものだと思い、戦国時代を再び甦らせようとしている。

沙霧:仲里衣沙
一見、少女だが実は築城随一の腕を持つ“熊木衆”の棟梁。
天魔王が築城した髑髏城の秘密の口封じの為に一族を皆殺しされた唯一の生存者。
大工なのに何故か忍者の格好をしている。

極楽太夫:小池栄子
“無界の里”を取り仕切る太夫。美人で気っ風が良く、肝が座っている。
昔、天魔王に滅ぼされた鉄砲衆“雑賀党”の生き残り。
密かに蘭兵衛を想っている。

兵庫:勝地涼
関東に住む若者と共に“関八州荒武者隊”を組むリーダー。
長剣を背負っているが拳で叩き伏せる為に“抜かずの兵庫”とアダ名が付いた。
子分に絶大な信頼がある。
天魔王率いる“髑髏党”に負けそうになったところを捨之助に助けられる。

巌鉄斎:高田聖子
伝説の腕を持つ“巌鉄斎”は夫だったが、亡き後を継ぐ妻。
捨之助・蘭兵衛・天魔王とは昔からの知り合いらしい。

狸穴次郎衛門:千葉哲也
ふらっと“無界屋”に来た浪人。
実は身分を隠した徳川家康で、髑髏城の噂を聞きつけ関東の様子を見に一人でやって来た。

主な登場人物は、こんなトコかな。

***

で、感想。

物語を知ってるせいか。
でも、多分、知らなくても楽しめたと思う。

主人公・捨之助が小栗旬だから“花”と比較してしまうけど。
凄く、わかりやすい。


セリフや言い回しは“花”とほとんど同じなのだが。
新たに覚えなくてもいいんじゃないか、レベルで(笑)

でも、丁寧に作られている。
逆を言えば、“花”が焦りすぎ。

人の心を表すのに“間”っていうのは大切で。
“ワカドクロ”では必要な分だけある。
“花”は理解する前に次へ行ってしまう。
なので、淡々と進んでしまうイメージが否めない。

思うに。
IHIは、観客席が動いて場面転換する。
その動く・止まる・スクリーンが開く時間が演目を圧迫し、逆につまらなくさせてるんじゃなかろーか………。

今回のワカドクロは、青山劇場だったらしく。
奥行が広くて衝立を重ねる事により、場面転換がしやすい構造だったようだ。
演者さんの負担も軽く。
その分、演技に熱が入ってるように見えた。

で、その演者さんの感想。

捨之助:小栗旬
花より良かったんじゃないかな。演技と感情にメリハリがあって、チャラ男から復讐に転換するところとか迫力あったし。
殺陣は相変わらずスゴいし。
ハマり役だと思う。ずっと観てられる。

蘭兵衛:早乙女太一
鳥より良かったんじゃないかな(再)。悲哀と殺陣は流石。文句無し。

天魔王:森山未来
鳥より悪々しく振り切った演技に拍手。
悪役だけに所々の三枚目はわかりにくいけど、誰よりも良かったと思う。

沙霧:仲里衣沙
ごめん。唯一の配役ミスな気がする。
棟梁、というワリに小娘感が抜けないし、ただわめいているだけな感じが。
後半、ホントに最後部分だけが良かった。

極楽太夫:小池栄子
うん、思った通り良かった。
迫力と見栄と気っ風。それに増して殺陣が良かった。
私が観た中で太夫は動かなかったから疑問が残っていたんだけど、本来は戦って動ける人だったんだね。
『やっぱりアタシは女より戦う方なんだね』(みたいなセリフ)
に、“カッコいい!”と思ってしまった。
滅多にないんだけど。

兵庫:勝地涼
『兄貴ー!』と言われるにしては小ささが…その辺は須賀健太っぽかったけど。
演技の度胸は、流石はラストサムライ(映画に出てた)。堂々としてて落ち着いてて、安心して見れた。
ただ、無界の里のシーンが薄っぺらく感じてしまい、もう少し関八州との絡みが欲しかった。

巌鉄斎:高田聖子
ん?と思ってしまった。今までは男性だったから。単なるオバサンがぐるぐる回ってる感じだったけど、後半になって女流もアリかな、と思った。
でも、極楽太夫も演ってる人だから共通する部分を補ってる感じなのかも。

狸穴次郎衛門:千葉哲也
劇団☆新感線の一員だから、慣れたもの。
狸っぷりが良かったです。

その他:
粟根まこと-渡京しか見た事なかったから、悪役で眼鏡なかったらわかんなかった。

河野まこと-4年前と今、全く変わってないのが良い事なのか…?

他の方のレビュー・特に往年の“髑髏城の七人”を観てた方のを読むと、今回は“人情”が中心のようだ。

うん、私にピッタリ(o^-^)b
それが良かったのかもしれない。

今まで、花~月まで全部を観たけどわからなかった部分が多々あって。
ずっと疑問だったけど、このワカドクロでようやく解決した。

やっぱ、省略し過ぎなんじゃ∠(-_-;)

楽しめた理由は、もう一つある。

私自身が鬱じゃなくなった事。たぶん。
色々な事を考えずに素直に楽しめた(*^∇^*)
行って良かった♪

***

さて。
隣々のオバサンの状況ですが。

最初は良かったけど。
いつもの舞台と同じ場所でインターバルがあり。
映画の途中で休憩があったんだけど。
問題は、後半。

声を上げて笑うわ泣くわ。
携帯の電源を何度も入れて、時間を確認してるんじゃないか、と。

マナー違反、満載。

隣じゃなかっただけ、マシか(;´Д`)=З

***

映画の時間。
14:50~18:00。
いやー、長い。
観てると、そんな感じしないんだけどね。

セリフも言い回しも殺陣もBGMも変わってないのに、何で、今回は楽しかったんだろう?

気分の問題?

む~………?

ま、いっか(笑)

明日は1日、仕事。
3日間連続。
日曜の代休が入ってないけど、仕方ないんだろーな。
GWに休めるし。

頑張ろっと。
   千葉にて
2018・4・26  Thu
つながり ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています