日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(23)
元気系(51)
いやし系(77)
恋愛系(441)
バカップル系(39)
ペット系(20)
グルメ系(11)
レシピ系(7)
ダイエット系(1)
自慢系(1)
グチ系(116)
オシゴト系(527)
観察系(16)
旅行系(5)
映画系(33)
ゲーム系(26)
ちとエエ話系(2)
今日の一句系(1)
ポエマー系(2)
小説系(1)
秘密系(30)
社会派系(18)
不幸系(24)
闘病系(137)
オトナ系(21)
体調不良
既視感
シゴト。
愚痴。
誕生日。
プチギレ...
人それぞ...
遺伝子レ...
PSクラシッ...
休み。
勘違い~...
勘違い。
信用問題...
仕事の愚...
ビョーキ...
懐古分析
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 徒然なるままにきまま日記「休日の過ごし方:1」
香月
香月とりあえず系元気系いやし系恋愛系バカップル系ペット系グルメ系
レシピ系ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系旅行系
映画系ゲーム系ちとエエ話系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系
社会派系不幸系闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆44才 1974(昭和49)年11月生 O型 千葉在住 アルバイト/フリーター 専門学校卒 年収 300万円以上 土日祝日休み 一人暮らし 独身 長女 ◆離婚経験無し ◆子供無し 車有り お酒は飲めない 喫煙しない 159cm /普通体型 / 黒髪 茶目 白肌 ◆好きな野球チーム: なし ギャンブルしない
◆趣味・興味: 映画/ビデオ, 書籍/雑誌, ゲーム(ソフト,ハード), コンピュータ, インターネット, モバイル
作家QRコード
作家QR
 コード 
徒然なる日々は、 成長を生む?平穏無事がテーマでも、 なかなかこなすことの出来ない毎日を綴っていたりします(T_T)
 
2018年12月
      1
2
3
4
5
6
既視感
7
8
9
体調不良
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     

→最初の日記
→全部で1630日記

休日の過ごし方:1
修羅天魔~髑髏城の七人-極-~を観に行った。

行くつもりは無かったけど。
IHIver.を制覇した身としては。
何となく制覇したい気分だった。

とは言っても。
今回は、番外編みたいなものらしく。
主役が、極楽太夫・天魔王、と聞いた時点で。
あまり期待はしなかったが。

 ………

こんなにも期待外れだと思わなかった∠(-_-;)

私個人としても、目玉になるような役者さんがいなかったせいもあるかもしれないけど。
何の先入観も無かったら、楽しめたのかな?
既存の“髑髏城の七人”と比べてしまい。
いや、比べてしまうようなセリフのオンパレードで。

 これでいいの?

的な。
何だか不満たっぷりのレビュー、開始します。

※ネタバレあり

***

さて、今回の主役。
 極楽太夫:天海祐希。
 天魔王:古田新太。
捨乃介・蘭兵衛、不在。
そもそも存在しない世界らしい。

今までの極楽太夫と言えば。
 蘭兵衛の作った身分も差別も関係ない“無界の里”に住む美しい太夫で。
 何よりも平和を愛し、人を愛した御方。
 仲間を大事にし、筋はキッチリ通す、度胸もある姉御である。

なーのーにー。

最初から。
荒野で髑髏党に囲まれる沙霧。
関八衆荒武者隊、登場。
負けそうになって。

いつもなら、スーパーヒーロー“捨乃介”登場。

でも。
そこには。
鉄砲使いの“極楽”登場Σ(-_-;)?!

えーと。
捨乃介極楽、入れ替わっただけ?

それなら、まだしも。
“流れの太夫”と銘売ってる。

えっと。
太夫というものは~。
店の看板で~。
居付かなきゃならない人で~。
脱走したら死罪、というくらい掟に厳しいところで~。

つまり。
時代考証、無茶苦茶|||(-_-;)|||

開始10分、既に観る気が無くなる。

沙霧・兵庫・関八衆荒武者隊は、変更ナシ。
場面一転、“無界の里”へ。

いつもなら“極楽太夫”紹介場面なのだが。
不在(というか、そこにいる)だから、どうするのかと見ていたら。
極楽太夫の代わりに、歌うカブキモノが登場。
声からして、男だと思っていたのだが。
“夢三郎”なる新キャラ、登場Σ(゜ロ゜;)?!

極楽太夫+蘭兵衛みたいなもんで、色艶のある遊女ならぬ遊男。
そこに何故か北条家の息子(脇役)が夢中になるという…ナンダソリャ?

とにかく、無界の里は夢三郎が仕切っていて。
その夢三郎の志に惚れた兵庫が“義兄弟の契りを交わす”という…また、よくわかんない展開に。

 同じカブキモノだから一緒にしてしまえ、的な考えは、どうかと思うが。

そこから、磯平=善ぞう(梶原善だから)の騒動があり。
“狸穴次郎衛門”が来て。
狸穴は何故か極楽を指名し。
奥の部屋で。

二人は知り合いだったという設定(゜ロ゜ノノ

過去に、この二人は。
織田信長の手下、狸穴
孤独で流浪していた狙撃手・極楽は依頼されて織田信長の命を狙っていたが、その腕を見込まれて部下となった
という事らしい。

今はその二人が髑髏党を探る為に手を組む。
理由は“あの者(織田信長の影武者)”ではないかという疑いから。

と言っても。
この三人の繋がりは、(私の感覚では)かなりさらっと流されて、その間に絆があったのかどうかもアヤシイところ。
今までの関係性をセリフで説明している為に、何だか中弛みに感じた。

で、ここでも。
新キャラ“清十郎”登場。

役割的には、服部半蔵みたく狸穴の警護なのだが。
そこから離れて、極楽の警護&お目付け役になるのだという。

って事は。
狸穴(=徳川家康)を護るのは二人いて。
どっちもトップらしくて。
服部vs清十郎な訳で。
狸穴の危機には、二人とも駆け付けなきゃおかしな事になる。

で。
無界の里に、何故か無防備の天魔王が現れたり。
天魔王が極楽と会い、仲間に引き入れようとする、とか。

―――何だか、嫌な予感(・_・;)

で、通例通り。
無界の里は燃やされた(夢三郎=蘭兵衛)。

で。
狸穴の危機には、服部しかおらず。
清十郎、どこ行った(^_^;)
その辺が甘い(収拾付けるのも大変だけどね)。

夢三郎は、天魔王の手下で息子だった事が判明し。

 んじゃ、蘭兵衛が髑髏城へ行くシーンはどうすんの?

って思ったら。
何だかわからないうちに、極楽が髑髏城へ行く事になって。

インターミッション、開始。

客席が明るくなり。
訳がわかんなくなったのもあって。
後で読もうと思ってた買ったパンフを取り出す。

パンフ↓
 物語は役者が決まってから作る。
 極楽=天海祐希に捨乃介みたいなアクションは無理だから雑賀の鉄砲使いにして動かそう
みたいな事が書いてあった。

む~………?
だったら、捨乃介・蘭兵衛を捨ててしまえば良かったのに。

例)
無界の里炎上シーンにて。
兵庫『(夢三郎に)何で、何でアンタがこんな事を!!』(極楽→蘭兵衛のセリフ)

こんな事がチラホラ。
細かい事は覚えてないけど、セリフや言い回しは“髑髏城の七人”共通だから。
違う役が言うとわかっちゃうんだよね。

何となく、カラクリがわかったところで。
インターミッション、終了し。
今度は、捨乃介のアクションをどう解決するのかを観る事に―――って。

一番の見せ場。
通称“百人斬り”。
捨乃介が巌鉄斉と共に向かって来る髑髏党を次々に斬るシーン、で。

何で、七人で斬ってんのさ。
もう、百人斬りでも何でもない。
単なるチャンバラ化。

ああ………。

その後は。
善ぞう&兵庫のお決まり兄弟連携プレーで。
極楽が蘭兵衛を撃つシーンは、もちろん無く。
天魔王に夢三郎は殺され、兵庫が泣く。

途中から極楽がいなくなり。
六人で髑髏城を脱出。
いつものスローモーションで幕が閉じて。

開いた時には、徳川陣営。
そこに天魔王が現れて。
極楽も登場。

極楽を、今なお引き入れようとする天魔王。
この時点で、
 天魔王=織田信長
 天魔王=影武者
なのかがわからず。
揺れる極楽
織田信長なら仕える、と。
証を見せて欲しい、とキスを要求(゜ロ゜)!!

 んなシーンはいらんっ!
 逆に、何でそーなる?
 極楽は、恋愛だったん!?

何だか、このシーンで全てがぶち壊しになった(私的に)。

結局、キスをした事により天魔王=影武者だとバレて。
極楽に撃たれて死ぬ。

極楽は沙霧達と合流し。
極楽に途中から惚れた兵庫と。
狸穴(=徳川)から抜けた清十郎の両手に花状態で生きる事を決意し。

そして。
極楽『浮き世の義理も 昔の縁も 三途の川に 捨乃介!』

あーあ………言っちゃったよ。
捨乃介、決めセリフ。

何かもう。
嫌になった(;´Д`)

***

役は、ホントに捨乃介・蘭兵衛だけがいないだけ。
俳優さんも、新感線メンバーで固めて、実力派ばかりだし。
兵庫・夢三郎も、私が知らないだけで有名らしいし。
磯平=善ぞうが梶原善なんて贅沢なくらいだ(~鳥~では“狸穴”だったからね)

何が悪かったって。
脚本だと思う。

極楽と天魔王が空回ってて。
他のメンバーとの絆が薄い。
結局は、その二人が恋愛だったなんて。

アメリカの馬鹿な映画かっつーの。

捨乃介は、その体を張って命を助けたり。
信念を貫くその姿に共感した兵庫や沙霧が付いて来るのに。

鉄砲が巧くて影から撃つだけで絆が出来る、なんて。
馬鹿な話があるかー!!

なんて、珍しく憤慨している。

いっそ。
織田信長安土城時代に戻って。
三人のやりとりを濃くして。
沙霧も兵庫も出て来ない物語にした方が良かったんじゃないかと思う。
↑観るまではそんな感じだと思ってた

………ん?
この“三人”がキモなのかな?
でも、どう見ても、徳川家康が邪魔だよな―――。

***

どうやら、私は。
恋愛よりも。
泥臭い、絆の方が好みらしい。

昔からそうだけど。
恋愛”をほのめかされるだけでイヤになる。

精神的繋がりが重要だから。
恋愛よりも深い“戦友”とかがいいんだろうなぁ。

漫画『BASARA(田村由美)』を読むとわかるかも。
絵はアレだけど、我慢して読み続ければわかるハズだo(-"-;o)

さて、口直しに。
買ってしまった、この間映画で観た“髑髏城の七人~ワカドクロ~”DVDを観たいところだけど。

5時間は長い。
う~む………どうするか。
 
write: 千葉観察系日記■■2018.5.21■■
つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています